トップ / 自動車に搭載されている物

自動車の装置について

自動車に搭載されている物

自動車の安全装置の進化

近年、自動車の安全性が飛躍的に高まっています。たとえば、ボディは60キロでぶつかってもキャビンがつぶれないように衝撃を吸収する構造になっていますし、ハンドルやサイドドアが体に直接打ち付けることがないようにエアバッグで守られています。それだけでなく、そもそも自動車事故を起こさないように、カメラやレーザーを駆使して、前方の障害物や人、クルマなどに衝突することがないように、自動でブレーキが作動する安全装置が装備されるようになってきています。安全装備が増えると車両価格が増加してしまいますが、命には代えられませんよね。

車に搭載される安全装置

自動車の安全性の発展は日進月歩です。安全装置としてもっとも早くから搭載されているのが、シートベルトです。元々、腰回りで2点式のベルトであったのが、衝突時の人体への影響を考慮して3点式へと変化し、急ブレーキによりロックがかかる機能を付け、さらに自動車の走行性能を上げたことが、搭乗者のけがを大きくすることなどからエアバッグ搭載が増えていきました。最近の車には、車線逸脱警報や自動ブレーキシステム、センサーにより障害物を感知するなど様々な安全装置が搭載され、被害者に対しても損傷を抑える工夫が採り入れられ、常にそのスペックを高めています。

↑PAGE TOP